読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初恋サンセット

主食は関ジャニ。デザートにNEWS

「やらないなんて、ないんだよ」

映画「ピンクとグレー」を見ました。

 

 

そもそも小説を読んで「ええええごっち死んじゃうの?!」と素直に衝撃を受けた一読者だったのでそこはトップシークレットというか核だと思っていたので、そこを全面に押し出す予告編にまず違和感があった。

ネタバレじゃねえか。

でもって開始62分の衝撃。

監督のドヤ感が強すぎてもうダメだ。

「GO」はものすごく好きだったけどあれは出演者と脚本と音楽の力だった。

「春の雪」はただただ退屈だった。

こうして食わず嫌いがどんどん増えていく。さよなら監督。

 

「しょーもな」と言われるとエイターは即座に渋谷すばるの「味園ユニバース」を思い出すのですが、あれは「しょーもな」って笑うしかない2人の話だった。ムショ上がりで家族にも見放されて、歌は歌えるけど歌しか歌えない。「しょーもな」で終わる予定だったけど歌の後の笑顔が素晴らしかったので変更になった、というとこまで含めて素晴らしかった。味園ユニバース。ほんの少しの辻褄の合わなさで-1で、星は四つ。

 

いくら子供時代に戻ってみたとはいえ、大スター白木蓮吾からあれだけのものを引き継いでおいて「しょーもな」で片づけちゃダメだろ。ごっちが、サリーが、どんな思いで!!!とか考えてしまう。

 

「わかりあえないんだよ」という結論もそうかもしれないけど違う。

わかりあえないんだよ、はいおしまい、はもう全否定で、個人的にはそんな絶望を映画(娯楽。エンターテインメント)には求めてない。

わからないけどわかろうとする。

わからないけどでもここだけはわかる。

そういうのを大事に掬い上げるのが「映画」だよ。

わかりあえないのは現実だけでお腹いっぱいだよ。

 

夏帆柳楽優弥はよかった。マキタスポーツもよかった。

 

「やりたいことじゃない、やれること」という原作者のメッセージもよかった。やれること、文章を書くこと、と地道に書き進めた文章は二人を引き留めることは出来なかったけれど、ヒット小説となり映画となり後輩の主演作に繋がっている。

でも次の映像化は違う監督がいいです。

 

月と太陽~加藤くんお誕生日おめでとう

副題。手越担、加藤シゲアキを語る。

 

加藤くんと手越が同い年だと知って最初に私が思ったのは「同い年にこんなヤツ(手越)いたらやだわー!www」でした。勝手に加藤くん目線。しかも低い。

 

私がもしアイドルグループの一員で、同い年に顔が可愛くて歌がうまくてメンタル超強くてフィジカルも強い独特のキャラで大人気!!な子が居たら嫌いになるだろうな、と思いました。少なくとも好きにはなれない。「こいつのせいで目立たない」「こいつさえいなければ」「何でこいつばっかり」という妬み嫉みをこじらせながら生きていくであろうことは想像に難くない。なんて辛い人生だ。アイドルグループじゃなくてよかった。

 

さて、私がハマりかけた2015夏~秋、NEWSがグループでいる姿を見る機会はほとんどありませんでした。だからこそ『私が加藤くんだったら手越をキライになるかもしれない』なんて今となってはありえない仮定が存在したわけです。手越くんはイッテQの子、小山くんはEveryの人。あとの2人はよくわからない、くらいの認識でした。とりあえずグループの関係性を学ぼう(๑•̀ㅂ•́)و✧とラジオを聞いた気がします。

 

「…仲いいな?ていうかみんな手越のこと好きだな?!」

 

コイツさえいなきゃな、という空気はそこには微塵も感じられず、(イヤ別に妬んでいがみ合ってて欲しかった訳では無いんですけど)手越担の私はおやおや?と思いました。

 

ピンクとグレーを読んだのは、関ジャニ∞リサイタルに向かう新幹線の中でした。駅の本屋さんで文庫本を購入して、まぁ暇つぶしになればいいよねーくらいのノリでした。

細かい感想はさておき、あぁこの子本当に小説書くんだ…と衝撃を受けました。私はそもそもがeighterなので加藤くん含む4人のことはどうしてもかつての「イチゴのないショートケーキ」から「置いていかれた側」と見なしてしまっていたんだけど、加藤くんだってたくさんのJrを差し置いて「NEWS」として「デビューできた」側で、そうかぁ、そうなんだよなぁ。

次に読んだのは閃光スクランブルでした。ピンクとグレーは芸能界を舞台にした少年達の話で、まぁ書けば書けるんじゃない?という疑い?がまだありました。

閃光スクランブルにも女子アイドルグループがいて、加藤くんが詳細に描くのは「センターになれない」子で、そこに加藤シゲアキ(アイドル)個人を重ねて私は切なくなっていたけど、そんな場合ではなかった。加藤シゲアキ(小説家)は、恋人を亡くしたカメラマンの空虚さとか苦悩をちゃんと描ききっていた。

この子すごいかもしれない。ノリで話題作りでちょっと小説書いてみただけじゃなく、本当に書けるのかもしれない。「書く」と「書ける」は違いますね。絵でも小説でも曲でも、素人が雰囲気で「書く」のと自信を持って出せるものが「書ける」のとの間には大きな隔たりがあります。

次に読んだのは傘を持たない蟻たちは、でした。性描写!同性愛!!とセンセーションに煽られていたけれど私に刺さったのはインターセプトの「運命的な一目惚れをして、ストレスで止まっていた生理が半年ぶりに来た」くだりでした。この子は!!自分が経験していないことを書ける!!!すごい!!好き!!!

人は自分が経験していないことは理解出来ない、という思い込みを抱えている人は多いです。私の苦しみは私じゃないあなたにはわからない、男の人に私の大変さはわからない、女なんかに俺の苦労はわからないというやつです。職場にて「あなたは〇〇じゃないからわからないだろうけど」と決めつけられて苦しんでいた私は、女子じゃなくても女子の最高峰の「興奮」として『半年ぶりに生理が来た』というのを持ってきた加藤シゲアキ(小説家)にものすごく救われました。〇〇じゃなくてもわかる人は!!!いる!!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

でもってこのあたりまでくると大分謎が解けてきました。加藤くんは、周りがちゃんと見えている。周りがちゃんと見えて、ちゃんと理解出来ている。

だから「何でこいつばっかり」とはならない。手越はこういうチャンスをこういう形で活かして繋げて、こういうことをこういう風に頑張ってるからこういう風に評価される。というのが、多分近くでちゃんと見えている。そうしたら根拠の無い妬みは無いですね。そこにあるのはちゃんとした尊敬で、「俺も俺に出来ることを頑張ろう」という健全な発展性です。素晴ら。

 

さらに言うと、手越が加藤くんのことを大好きなんですよね。「顔がカッコイイ!!」というのも何度も言ってるし、グループの末っ子で同い年で1人っ子同士で「俺達一緒だね?!」ってあの子が懐いてきたらそれは…かわいいよね…っていうのは手越担の主観ですが。

あと手越という人がメンタルモンスターだけどちゃんと弱いところとかダメなところが根底にあって、ファン向けには隠しがちなそこも加藤くんにはちゃんと見えてるだろうし。

アイドル誌にたまに載ってる手越(撮影:加藤)がものすごく可愛いのは、加藤くんが少なからず「可愛いなぁ」と思いながらシャッターを切ってくれてるからだと思うんですよね!!何の話だっけ?!

 

ここまで内面を抉ったので、次、加藤くんの顔面の話。何だかんだ「ジャニーズ」という帝国において、初めはそんなに考えて無かったんですよね。だってみんなカッコイイからね。

私が加藤くんの顔の美しさを思い知ったのはQさまでした。「結構賢い人」という括りで選ばれたのは文化人だったり学生だったりアナウンサーだったり、そんな大勢の中に「アイドル/小説家」として呼ばれた加藤シゲアキは美しさの桁が完全に違っていた。

賢い人は「賢さ」で呼ばれてるわけで、別にカッコよくなくたっていいんですよ。物知りであれば。「美しさ」というのは「強さ」「面白さ」etc……たくさんある才能の1つで「天は二物を与えず」という諺だってある。

にも関わらず、別にかっこよくはない(だってその分賢いんだから!)という方々にまぎれて一瞬1位にもなった賢さと、あれだけの美しさを兼ね備えているということに「えええええこの子すごいな?!」ってなった。この前始めてNEWSのコンサート(カルテット)にも行って、4人それぞれがいい話をしてくれたけど、加藤くんに至っては「…キレイな顔してるなーー…」という感慨が先に立ってしまい内容がほとんど入ってこなくてすいませんでした。

 

はい、そんなわけで「賢さ」という最大の持ち味を最大限思い知らせる為にも加藤くんは黒髪がいいと思います。茶髪でカッコイイのなんかみんなだからね?!黒髪であれだけかっこいいってそれは相当の顔の底力と「自分はこれで勝負できます」という的確な自己評価と自信がないとできないことだからね?!手越の金髪を際立たせる為にもよろしくお願いします。

 

それでは、まとまらない文章でしたが、いち手越担から感謝と愛をこめて。お誕生日おめでとうございます。

 

 

チュベローズで待ってる、が手越出演(主演でなくてもいい)で映像化しますように

 

 

罪と夏を褒め称える

来たぜバリバリのサマーチューン!!Yeah!!

 

ラジオの初公開時点から「え、何コレ好き!!」となって聞き倒していたので、いざフルを聞いても新鮮な感動が2番にしかなくて少し悲しかったけどもそれは自業自得として。

 

 

衣装

前向きはオロCのCMで「これ?新曲これ?!

」となって、歌番組で見て「…衣装コレかぁ…!!_| ̄|○」となりました。なりますね。FNSでも「前向きか…!!」ってなりました。嫌いじゃないけど!すごくうれしいかというと!そうでもない!!!

 

さて罪と夏、曲の時点では海パンとラッシュガードでもいいな?!浮き輪とサメとサーフボード抱えて歌ってもいいな?!とも思いましたが夏の鉄板アロハシャツ来ました。何か北欧ブランドの生地を使用したアロハシャツというのは強いですよ。楽天でも該当の生地が検索用に「関ジャニ∞   ミュージックステーション」と添えて売られているのを見ました。買いました。そういう購買力を広げられるというのは強い。

そして個人の性癖ですが、ガラの悪いアロハが大好きなので!なんだろうねこの関ジャニ∞の「チンピラヤクザのお戯れ」感!好き!!

 

歌詞観

嵐はとっくに永遠の愛を誓って、なんなら元カノ?の結婚を祝う余裕もあるというのに関ジャニは未だに無理めな彼女に片思いをしている。でも考えてみればかつーんもワンナイトor不倫ぽいし、にゅーすもファンタジーだし、各グループのカラーと言ってしまえばそれまでなんだけど。

「8月のすべてくれないか?」に「はーい」って軽く、こっちが思ってるより遥かに軽く答えちゃう女ですよ。

「好きになって」には多分聞こえてても「えっ?」て聞き返しちゃう女ですよ。

でも好きなんだろうなーーハートの水平線にたどり着きたいんだろうなーー(無理だろうなーーー)

これも単に個人の嗜好ですけど、かっこいい子達がうまく行かない片思いにあーもうちくしょー!ってなってるズを傍から見守るのは楽しい。結局うまくいかなくて男同志でロケット花火上げてそうなところもいい。

 

そんな新曲を引っ提げてのリサイタル、楽しみですね。 

 

二次元と三次元、メリットとデメリット

 

まず二次元のメリット。

最低限のビジュアルが保証されている

最低限のラインをどこに置くかにもよりますが、まずこれは結構大事です。肌が荒れた、太った、痩せ過ぎた、変な髪型。そういうリスクは三次元に比べて二次元の方が遥かに低いです。

かつて跡部景吾(二次元)が坊主にするのしないのという話になったことがありましたが、圧倒的な女子人気を誇る稼ぎ頭に厳密に坊主を強いることは出来ず、ふわーーっと終わりました。二次元なのでその辺はどうにでもなりました。

渋谷すばる(三次元)は、ムショ上がり役の為に長髪をバッサリ切った後、何を思ったのか自らバリカンで刈りました。「お前が好きなのは外見だけなのか?」と蔑まれればそれまでですが、アイドルを構成する要素の大半は外見です。そして三次元において、一度刈ったものは一朝一夕には元に戻りません。

グループのコンサートツアー、ソロのツアー、新番組のオープニングがタマネギのようなモヒカン坊主で収録されました。私はそれらを心安らかに見返せずに居ますし、ソロツアーに至っては買うことすらできません出した。これはもう宗教上の制約に近いものがあります。渋谷すばるの坊主期、私は友人にさんざん「だって二次元は坊主にしないじゃん!!」というめんどくさい絡み酒をしました。これがスターリッシュであったなら、いくら戦争作品のオファーが来ても坊主にはしないでしょう。まかり間違って「役柄の為に坊主にしました」というエピソードが来たとしても、次のスチルでは普通に髪は元に戻っているはずです。だってスターリッシュは二次元だから…(´・ω・`)

 

二次元のメリット2。

熱愛発覚しない

これも結構大事ですね。別に自分が結婚できると思ってるわけでも付き合ってるわけでもないけど、それでも熱愛発覚すると少なからず凹みます。またそれが文句ナシに綺麗な女優さんなら「よくやった!!」とガッツポーズのひとつも取りますが「はぁ?!何でよりによってそんなブスに行くの?!趣味わっっる!!!」とか「一般女性って何それつまんない!つっまんない!!!!」という案件も少なくありません。何なんでしょうね。「〇〇君って△△と付き合ってるんでしょー?」みたいな二次災害もあります。付き合ってねえよ(私の中では)。「女の趣味」含めての偶像崇拝なので、そこからあまりにも外れた女はイヤなんです多分。

さて二次元は熱愛発覚しません。しっかり管理されています。プロデューサーなり作曲家なり身内で済ませてるのかも知れません。とにかく共演相手と熱愛発覚?!とかしません。出たとしても「ガセ」「デマ」です。大昔のちゅーぷりとかイチャイチャ自撮りとかも二次元は絶対に流出しません。管理がちゃんとされています。その点は安心。

 

三次元のメリット

プロフィールが変わる。

身長体重、食べ物洋服髪型音楽の好み、愛用のアクセサリー。二次元は基本変わりません。第一部から第2部に辺り身長体重が変わるくらいはあります。テニスの王子様ファンブックでは、ミスなのか何か重大なきっかけがあったのか「好きな女の子のタイプ」が序盤と中盤で変わってた人がいましたが、基本的に二次元はプロフィールは変わりません。

三次元は変わります。食べられなかったものが食べられるようになったり、あんなに着ていたブランドに飽きたり、男らしさを誇っていたはずなのに脱毛したり。その辺を必死に並走していくのが三次元の楽しさです。オフショットで着ていた私服のブランドを特定し購入。最近ハマっているというコンビニスイーツを購入。応援しているというサッカーチームのレプリカユニフォームを購入。最近気に入ってるという匂いと同じルームフレグランスを購入。それらは結局『本人』が飽きればお揃いでも何でもないゴミ同然です。3万円で買ったお揃いの指輪を新発売の雑誌では「もうつけてないの?飽きちゃったの?!」ということもあるでしょう。それでも、日々変わっていく対象を追いかけ(てお金を消費す)ることは楽しい。

 

三次元のメリット2。

サプライズがある。

かつて週刊少年ジャンプに本籍を置いていた頃、そこまでのサプライズはありませんでした。もちろん展開への一喜一憂はあります。エースが死んだ時は半年くらい引きずりましたし、マガジンですが今井と板垣の試合は板垣を勝たせてあげたくてあげたくて当時変則勤務でクソ忙しいかったにも関わらず早起きしてコンビニに寄りました。けれど一歩引いてしまえばそれらはある程度「保証」された娯楽です。生放送で「グループ辞めます」と言い出した田口淳之介の人生ほどのダメージを与える創作を私は知りません。あれ?これデメリットになってる。えーと話を変えます。

週刊少年ジャンプは月曜日の『公式発売日』とその少し前の『ネタバレ』さえ押さえておけばあとは平穏に生きられます。アニメ化、ゲーム化、キャラソン発売、声優がライブ、舞台化、どれが来ても「想定外」ではないです。

三次元はその辺のストライクゾーン?がめちゃくちゃです。ドラマの主演やりそうな人、バラエティの司会できそうな人。居ます。

 

…え、その子に情報番組やらせる?!

 

新曲がメンバー出演、原作ドラマの主題歌?!?!

 

CM?!みんなで?!?!

 

そういうビッグバンが午前4時に来たりします。 起きたら世界が変わってます。タイムラインが波のようにうねっていきます。二次元にいた時はそんな大波に飲まれたことはありませんでした。

 

さらにサプライズで言うと「他者との繋がり」があります。街角での遭遇盗撮ツイートから、共演した芸能人のツイートに現れる「気配」。

同じ世界に!実在してる!!という圧倒的な喜び。

シャイニング事務所はどれだけ映画やドラマが「大ヒット」しても我々はそれをフルに見ることはできないし、共演した女優がふとした時にトーク番組で「素敵な方でした」と裏話を喋ってくれることは絶対に無かった。ジャニーズ事務所はインターネット上に顔こそ出せないけれど、共演した芸人さんに花を送ったりもらったり、そういう実在感が、ずっと二次元にいた私にはキツすぎるクスリだった…。事務所辞めてから色々な人のインスタにチラチラ顔出す田口淳之介とか本当に…本当に……何の話だっけ…。

 

 

 

 

私は二次元から三次元に「担降り」して、使うお金も注ぎ込むお金も増えたけど、その分中毒性も強いけど、ジャニオタ楽しいです。

 

※ジャニオタは健全な娯楽です

「知ってる」と「好き」の狭間

 

私が関ジャニ∞にどハマリしたのは、2014年の3月頃でした。

 

知識として「なんで7人なのにエイトなの?」くらいには思っていた気がします。カウコンで、「この子達仲良さそうだなぁ」と感じてはいました。でもだからどうこうということもなく、他のグループと掛け持ちしてたらしい子がそれをやめたという話をMステで見た時も「ふーん、良かったね」とのんきに受け止めた記憶があります。超他人事!!他人だけど!!!

 

さて転機に戻ります。

2014年3月某日。

カラオケの本人映像。

LIFE~目の前の向こうへ~でした。

軽い気持ちで入れたそんなもので人の人生は容易に狂う。

 

…楽器弾けるのこの子達?!(そこから)

 

LIFEのCMくらいは見たことがあったような気もします。でもそこでPV付きシングルを買う勢いは!!なかったんですよね!!!

 

私はB'zに心酔して育ったのでエレキギターにもう性癖を抑えられています。エレキギターに限らず楽器がすごくすごく好きなので、もうここでなかなかのダメージでした。

バンドできんのかよマジかよ。もうこれで40点は取りました。でもまだ40点でした。

 

そして当時の関ジャニ∞の最新シングル

キングオブ男!

 

別に今更ジャニーズにハマるとかないけど、多分ないけど。シングルくらい買ってもいいんじゃない?何か資料になるかもしれないし、使えなかったら売ればいいよね?!

この時点では甘く見ています。一回だけ、ちょっとだけの火遊びのつもりです。

 

ところで私は思春期に峰倉かずやに傾倒していたので、ガラの悪い男に弱いです。煙草、アルコール、ちょっとしたドラッグに喧嘩にギャンブル。中二です。

このタイミングでの新曲はキングオブ男![ドドン!!)でした。 

さらに40点。もう、80点です。普通に合格点です。この頃になると気のおけない友人達にもカミングアウトを始めます。

「どうしよう!!関ジャニがかっこいい!!ハマるかもしれない!!!」

「あぁ、錦戸亮?」

 いや、まずは「えー、誰だれ?!」とかだろ。というのは置いといて、友達に「じゃあとりあえずコンサートDVD買えば」と唆されました。

この時にはJUKE BOXが出てました。買いました。

 

 

24時間共同生活。

予想を越えた仲良し家族っぷりというかなんというか、もうこれは…何かこの子好きかもとかそういう次元じゃない…!!!

そしてトランペット。

 

トランペット?!

私の中の横山裕はそこそこ喋りが面白い大阪のお兄ちゃんで、乙女ゲームでも多分アドバイスをくれる人ではあっても攻略対象では無かったのに!!!

 

思春期に峰倉かずやに傾倒していたのでガラの悪い男に弱い私は、ここにきて横山裕の元ヤン感に気づきました。上手いこと擬態しやがってたからここまで気づかなかったんですね。クイズショーも拝啓父上様も多分見てたのに。

横山裕への可能性は十祭(金髪)でスパークするのですがその辺は一旦端折ります。

 

関ジャニ?あぁ知ってる。いや、全員はわかんないけど」という立ち位置で漠然と仕分けを見ていた一般人は、こうして「エイトに何かやらせてもらえませんかね?!?」と恨み辛みを吐くエイターになりました。

 

LIFEの時点でどハマリしてればなぁ、とか、(クイズショーも全開ガールもぼんやり見てたのに何にも刺さらなかったなぁとか悔むときりがないのですが、まぁでも今楽しいからいっかー

 

元気コンDVDでしつこく色々思いつめているのですが、恋に落ちた瞬間というのは何度振り返っても楽しいですね。

 

もはや140字じゃおさまらない

踏み越えろハートの防波堤!