読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初恋サンセット

主食は関ジャニ。デザートにNEWS

「やらないなんて、ないんだよ」

映画「ピンクとグレー」を見ました。

 

 

そもそも小説を読んで「ええええごっち死んじゃうの?!」と素直に衝撃を受けた一読者だったのでそこはトップシークレットというか核だと思っていたので、そこを全面に押し出す予告編にまず違和感があった。

ネタバレじゃねえか。

でもって開始62分の衝撃。

監督のドヤ感が強すぎてもうダメだ。

「GO」はものすごく好きだったけどあれは出演者と脚本と音楽の力だった。

「春の雪」はただただ退屈だった。

こうして食わず嫌いがどんどん増えていく。さよなら監督。

 

「しょーもな」と言われるとエイターは即座に渋谷すばるの「味園ユニバース」を思い出すのですが、あれは「しょーもな」って笑うしかない2人の話だった。ムショ上がりで家族にも見放されて、歌は歌えるけど歌しか歌えない。「しょーもな」で終わる予定だったけど歌の後の笑顔が素晴らしかったので変更になった、というとこまで含めて素晴らしかった。味園ユニバース。ほんの少しの辻褄の合わなさで-1で、星は四つ。

 

いくら子供時代に戻ってみたとはいえ、大スター白木蓮吾からあれだけのものを引き継いでおいて「しょーもな」で片づけちゃダメだろ。ごっちが、サリーが、どんな思いで!!!とか考えてしまう。

 

「わかりあえないんだよ」という結論もそうかもしれないけど違う。

わかりあえないんだよ、はいおしまい、はもう全否定で、個人的にはそんな絶望を映画(娯楽。エンターテインメント)には求めてない。

わからないけどわかろうとする。

わからないけどでもここだけはわかる。

そういうのを大事に掬い上げるのが「映画」だよ。

わかりあえないのは現実だけでお腹いっぱいだよ。

 

夏帆柳楽優弥はよかった。マキタスポーツもよかった。

 

「やりたいことじゃない、やれること」という原作者のメッセージもよかった。やれること、文章を書くこと、と地道に書き進めた文章は二人を引き留めることは出来なかったけれど、ヒット小説となり映画となり後輩の主演作に繋がっている。

でも次の映像化は違う監督がいいです。