読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初恋サンセット

主食は関ジャニ。デザートにNEWS

なぐりガキBEAT!!

10年前、97年当時のエイターに「2017年一発目のシングルは横山裕のトランペットから始まるよ!W主演な映画の主題歌だよ!」って言ってもきっと信じないよね。

私の関ジャニ∞に関する直近の夢は「両A面シングル、どっちもメンバー主演(出演)作の主題歌」で、それを賭けるのはやはりtornの2人だろうと思っていたんだけど、最近の感じだとその一端を担ってくれるのは横山裕かもしれないなぁ。期待。

 

エイタメ冬で聞いて、歌割りの丸倉(湧いてでる)→亮安(チプデ)→上3人がもう素晴らしかったし「後はドアを開けるだけ」で揃って脚を蹴り上げるガラの悪さ(蹴破る気満々)もとても素晴らしかった。NOROSHIでがっつりかっこつけたのも本領発揮ではあったけど何故かあまり売れなかった中、今度はパブリックイメージド直球のポップチューン!!売れますように!!!

 

Tokyoholic

セッションの「通じあってる」感がまず最高で、音源欲し過ぎてDVDをiPhoneでアナログにムービー録画して聞いてたくらいどハマりしてたところにエイタメ冬

ARE YOU READY?

惚れる!!!!!

元気が出る~の、ハイスピ~仕上がれも大大大好きでめっちゃくちゃ盛り上がったけどあれはカッコよく「作ってもらった」もので、でもこれは!錦戸亮が中心になって意見を出して7人で!7人で作り上げた!!関ジャニ∞にしか歌えないロックナンバー!!

 

最強の特攻渋谷すばると双璧錦戸亮、という布陣はもう鉄壁として、すばるとの対にカタカナ英語の村上くんという遊び心、自分との対には尼崎の雄章ちゃん、情けない愚痴をかっこつけずやってくれるのは丸、俯瞰で全部見えてるのは大倉、という歌割りももう素晴らしいんだよ素晴らしいの!!横山パートがないことに関しては楽器に専念して欲しかったこともあるだろうし、東京への愛憎というか憧れと劣等感に苛まれた曲に横山くんは何かちゃうというか『東京がナンボのもんじゃい』と笑ってて欲しかったというか、そういうJr期の思い出が亮ちゃんの中でまだ拗れてるんじゃないかなと私は勝手に思っている…

 

BJもね、最低限の音選びと声から音が増えてくところの「そう!そこ!!」というのが素晴らしかった。Heavenlyは「トランペットやって!ピアノやって!!」というのが前面に出ていてそれも微笑ましかったけど、錦戸亮プロデュースの安心感がどんどん確定されていく。